データ入力業務における、データ管理




  1、入力中の原票は、終業時に必ずデータ受け渡し棚に戻し、テーブルの上に置いて退社しない。

  2、データ管理者は、終業時にデータ受け渡し棚にある各オペレータから戻されたデータを、データ管理
    ロッカー(施錠できる)に収納する。

  3、退社時に各自の机その他の見える場所には、データ処理に使用するメディアを出しておかず、
    指定されたロッカーに保管する。

  4、入力作業時、必要に応じて個人情報に関する原票を複写する場合は、必ず管理者の許可を取り、
    複写枚数を確認・記録して、実施する。(管理者は顧客から許可を得る)

  5、上記作業で複写した物は、作業終了時に裁断処理を行い破棄するか、顧客に返却又は、
    顧客の許可を得て厳重に保管する。


  注)データ処理に使用するメディア:FD・MT・CD・MO



個人情報保護
TOPへ戻る
個人情報保護方針
詳細
事務所の入室及び施錠管理

Copyright © 2010. First Computer Company. All Rights Reserved.