個人情報保護方針



株式会社 ファーストコンピューター
代表取締役社長  佐  藤   早  苗






一般情勢


     平成17年4月から個人情報保護法が施行されました。この法は、特定の企業を対象にしたものではなく、
    全ての企業・公共機関などにおいて扱われる個人情報の保護を目的としています。特定の目的のために
    集積された個人情報は、本来の目的以外の使用や第三者への提供は決して有ってはならないことでありま
    すが、IT技術の飛躍的革新とインターネットの急速な進歩により、個人情報を取り扱う側の意思に関わらず
    個人情報漏洩の危険性が生じています。現にマスメディアの報道などでも、同様の事件が多く扱われている
    のは周知の事実で御座います。このような情勢のなか、個人情報を扱う多くの企業ではこの問題に関して、
    積極的に対応し情報管理の体制を構築するために、専門部署を設置しそれに関わる人材と資源を確保した
    うえで、企業内においてはインフラ整備と全関係者に対する教育を行い、公には日本工業規格(JIS)が規定
    している個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項を満たしたコンプライアンス・プログ
    ラムを策定し、それを開示し実施することで、社内的には、個人情報保護に対する意識を高め、対外的には
    個人情報保護を推進している事業者として信頼を高めています。



当社の個人情報保護方針


    当社は、各種の情報を電子化することを主業務としている性格上、特に個人情報の取り扱いには
    格別の注意を払い、時代に即応した対策を積極的に取り入れることにより、創業から現在に至るまで
    取り扱い情報に関して、何の事故も無く業務を継続していますが、今般個人情報保護法が施行される
    状況下で当社としての個人情報保護方針を文書化し開示する必要に鑑みて、
    下記の個人情報保護方針詳細に記すとおり日本工業規格が、個人情報保護方針に対して求める
    事項を基本にしたうえで、個人情報保護に携わる人材の恒久的な確保を行うと共に社内的なインフラ
    整備をより充実し、定期的な社内教育を実施する等、情報処理業務に従事する事業者として常に
    個人情報保護の重要性を意識しながら、与えられた社会的責任を全うする事を責務と考え、
    今後においてはこれまで以上に管理を強化し、業務を推進していくことを当社としての個人情報保護方針といた
    します。



個人情報保護方針


    1.当社は、業務推進上必要な範囲内で、コンプライアンスプログラムで定めた
      適切な個人情報の収集、利用、提供及び預託を行います。

    2.個人情報は、無許可の利用、提供、改ざん、紛失、漏洩、破壊など
      不測の事態が生じないよう適正かつ効果的に保護されるよう安全対策を講じます。

    3.個人情報保護の重要性について、社員及び関係者一同に対して定期的に教育活動を実施します。

    4.個人情報保護の管理者をコンプライアンスプログラムで定め、必要な管理体制を確立します。

    5.情報処理に係わる社員及び関係者に対して個人情報保護に関する法令及びその他の規範について、
      これを遵守するよう周知、指導します。

    6.個人情報保護を維持するために、コンプライアンスプログラムを継続的に見直し、
      必要に応じた改善を行います。





個人情報保護
TOPへ戻る
個人情報保護に関する
コンプライアンス・プログラム
個人情報保護における
各階層毎の権限及び責任

Copyright © 2010. First Computer Company. All Rights Reserved.