個人情報保護方針 詳細

  日本工業規格
要求事項
当社方針
a) 事業の内容及び
規模を考慮した
適切な個人情報
の収集、利用及び
提供に関すること。
当社事業の基本は、事業開始当初から現状に至るまで、一貫して不特定多数
の個人から情報収集をする事ではなく、予め個人情報保護に関して積極的に対
応している特定の取引先からの依頼を受け、情報の電子化を行う事であり、今
後もその基本は変わりません。また、上記状況からすれば、扱った情報を当社
独自で利用することはありません。また、依頼者以外に情報の提供をすること
が決してあってはならないと考えています。
b) 個人情報への
不正アクセス、
個人情報の紛失、
改ざん及び
漏えいなどの
予防並びに是正に
関すること。
情報の電子化に際しては、個人情報保護法施行以前より、下記の対策を行う
ことで、個人情報のヒューマンエラーによる紛失事故及び、破壊・改ざん・漏えい
を予防しています。


   @入力専用の特殊なコンピューターを使用する。

   A入力専用コンピュータと接続、管理するコンピュータを限定する。
   B情報の電子化に使用するコンピュータを、外部から物理的に遮断された
   環境のみで使用する。

   C入力された情報・記憶媒体の管理を別に任命した情報管理責任者以外
    には扱えないシステムを構築し、たとえ当社代表者及び役員であっても、
    前述の情報管理責任者の許可無く情報への接触を禁ずる。


    これに加えて、個人情報保護の対策に関しては、一般情勢の変化と社内事情
    の改革などに従い、常に意識を高めると供に、定期的な是正処置を行います。
    上記の予防・是正処置について、現況では事業主・情報管理責任者が
    各々の立場で行っていますが、今後においては個人情報保護に関する管理委員会を
    設け、定期的に情報及び意見の交換を繰り返すことで、より確固とした処置を
    行えるようにします。
c) 個人情報に関する
法令及びその他の
規範を遵守すること。
個人情報に関する法令と関連する全ての規範については、事業主・情報管理
責任者を含めた管理委員会にて熟知し、全関係者に対して定期的に教育を施
すことにより、全社的に法令及び規範を遵守します。
d) コンプライアンス・
プログラムの
継続的改善に
関すること。
コンプライアンス・プログラムの内容及び詳細については、前述の管理委員会
において、継続的に審議を行い、見直しを繰り返すことで時代に適合するように
改善を行うと供に、個人情報保護に対する意識を持ち続けます。



個人情報保護
TOPへ戻る
個人情報保護における
各階層毎の権限及び責任
データ入力業務における
データ管理

Copyright © 2010. First Computer Company. All Rights Reserved.